スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク

たいせつなじかん 本編 15分 2009年10月14日公開! 



2009年2月 ~ 6月にかけて制作した自主制作アニメーションです。

諸事情でしばらく公開してませんでしたが、今回初の全編公開となります。

この作品を作る過程で、自分の技術の未熟さに気がつき、いまサイトで検証しているような取り組みに力をいれるようになりました。Softimageを使い始めて半年で作った作品ですので、技術的にはつたないものがございますが、心を込めて作りました。おそらく編集だったり演出だったりストーリーだったり‥そういったものは、取り立てて優れている作品では無いと思います。ただ、はじめて作る‥そしておそらく多分最後の一人で作る作品だと思いましたので、ほんとうに自分の心の中にある素直な気持ちを表現したつもりです。

ただ、どういうわけか作った本人は
アートアニメのつもりなのですが、
人によっては萌えアニメに見えるようですw。

本当に不思議な事もあるものですね。

見る人がそう思うなら
それで間違いありませんwww。

ご感想なんかもお待ちしております。
スポンサーサイト
▼応援
nora3dさんの発言

ファイトーー!( ゜ロ゜)乂(゜ロ゜ )イッパーーツ!!
応援してますよ~。アニメたのしかったです。Unreal Girlのほうもみてみたいですw

▼拝見しました
須磨武羅さんの発言

お一人で15分の映像を作るのは大変な作業量だと思います。
感服しました!
それにしても過去ログ見てなかったので解からなかったのですが
「たいせつなじかん」と「Unreal Girl」は別だったのですね・・・
ロボットがなかなか出てこないなーと思って見てましたよw


▼見させて頂きました。
Umenyさんの発言

きれいにまとまっていて大変すばらしいと思いました。
演劇のシーンと現在のシーンは区別がつき、大変わかりやすいですが、現在のシーンと過去(思い出?)のシーンはちょっと判りにくく、混乱しました。また、文字の表示が短くて読み切れないところがあり、再度見直すことがありました。
映像は大変すばらしく、違和感を感じさせず、飽きが無く最後まで見られました。
ホームページで書かれている検証が生かされるともっとよい作品ができると思いますので次回作を楽しみにしています。



▼見ました。
omochiさんの発言

なるほど、作者さんがおっしゃっている様に自分の技術の未熟さに気がつきという部分で共感できます。

blogの方で3Dと作画の違いを相当独自の考え方を披露していたのでこの方はさて、どのくらい凄い物を作るのか楽しみでした。

しかし、上記の作品を見て、なんだこんな物か、と思いました。

勿論素人の方ですよね。確実に映像のプロフェッショナルの方が作ったとは思えないので。

3Dがどうのとか輪郭線がどうと言う前にまず映画、アニメ、映像という物を沢山見る事をお勧めします。

3Dどうこうの前に勉強すべき部分が山の様にあると思います。

アートアニメにしても全然アートっぽく無いですし。

これをバネにして次回作を楽しみにしています。

私、映像作りのプロでは無いので貴方の作品を見せろと言われてもこまりますが、素人が見てもこう思った作品だということをお分かり下さい。

それではがんばって下さい。



九州人さんの発言

一部分ずつ見ていたものの全貌が見れて、すっきり。なるほどこういう作品だったわけですね。毎日コツコツ整合性を考えて、ゼロから作って、途方もない努力ですね。アニメってものを一人で全部作ることも出来るとは、その発想自体無かった。師匠猫かわいいですね。モデルがいるのかな。

▼ご意見ありがとうございます!
marsunさんの発言

nora3dさん
ありがとうございます!今仕切りなおして制作を進めています!!

須磨武羅さん
す‥すみませんwUnrealGirlも宜しくお願いします!

omochiさん
私はゲームを作っていた人間なので、映像を自分で一人でやるのは、この作品が初めてです。当時三国無双というゲームを携帯に移植する際に、30FPSのものを12FPSにする必要があって、そのときにアニメの勉強を始めてのめりこんでしまい現在に至ります。なお、今回の作品を作った反省点から現在もっとクオリティの高い映像を準備しておりますのでご期待下さい。最近ブログで描いてる要素はこの作品には一切入ってませんw。完成してから研究をはじめたので‥。そもそも、演出含めてアニメや映画ではなく、演劇だと思って頂いた方が分かりやすいかと思います。演出や台詞なんかは演劇を意識しています。

九州人さん
ありがとうございます。猫は実家で飼っている猫がモデルですw。かなりそっくりw。

いろいろご意見ありがとうございます。現在すでに次回作に取り組んでおりますので、ご期待下さい!




marsunさんの発言

Umenyさん
文字の演出は見やすくすると手抜き全開に見えるので悩みましたw。もう少し調整した方がよかったですね‥。シャフトのように完全に読めないとほんとうに話が進まないので、そこまでクールにも出来ないし、予算があれば朗読した方が親切でしたね‥。自分で朗読しようとおもったのですが、プロの声優さんと間に入ると無理ですw
次回作頑張ります!


Yanaginoさんの発言

今頃ここに書き込んでしまっていいものでしょうか・・
見て思ったのですが、カメラを回し過ぎな気がします。

トゥーンは3Dを手描きっぽくするようなモノなので、カメラも手描きアニメっぽい使い方のほうが綺麗に見えると思いますよー。

回り込みとか3Dは便利ですけど、何度もカメラを動かしちゃうとおかしな映像になってしまいます。

何でも出来るから何でもやってしまいたい所ですが、何でもやってしまうのは逆効果。って聞いたことがありますよー。

頑張ってください、応援してますー。
うちも作らんと…気合入りました!


-さんの発言

Yanaginoさま

コメント有難う御座います。
おっしゃるとおり、カメラは動かしすぎてしまいました。
なんで動かしたら駄目なのかというのは、いまは分かるのですが、当時は、分からないので動かしてみよう!という感じで作ってました。


月の声さんの発言

カメラがキャラクターを追うのはソフトの仕様ですか?
1カット1カットの「意味」をもっと大切にするべきだと思います。キャラクターが映っていてもいなくても。
前半の間があまりにも重くて。
後半のダイナミックなシーンは綺麗にまとまってたと思います。(ありがちだからでしょうか)
作者さんは、アニメを描く人になりたいんでしょうか。
物語から作る人になりたいんでしょうか。
後者でしたら、技術よりももっともっとコンテを勉強しないと、作品として舌っ足らずになります。
ゲームに挿入されるムービーというレベルを超えるにはそれが一番大切だと考えています。
それでも個性とか、メッセージ性はとても伝わりました。


■コメントを書く

にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



[ 2009/10/14 10:00 ] たいせつなじかん | TB(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

「たいせつなじかん」演出ノートその1 

※この記事の中に視聴者を馬鹿にしたような発言がございますが、それは某監督さんのパロディです‥。その監督さんの発言もオフレコな場所とかで言われている(といっても流出してる)冗談がベースになってます。あまり真剣に受け取らない用にご注意下さい。どこかって?それは読んでみて下さいwwww。


はじめて作った作品である「たいせつなじかん」を制作しながら考えたことをご紹介いたします。



↑まだ見てない方はこちらからどうぞw。

正直かなり頑張って作ったのですが、やはり経験不足というか、ほんとうに知らない事が多くて、いろいろと間違ったこともやってます。そのあたりもちょと反省してみたいと思います。

第一回目の今回は、主にストーリーや設定について振り返ってみたいと思います。

■コンセプトについて

この物語を書くにあたって、一番重要になったのは、3Dアニメで演劇をやろう!というコンセプトです。良くも悪くもすべてにおいて、このコンセプトの制限を受けています。実際に舞台を用意してもよかったのですが、そうではなく、自宅で演劇の練習という形にしたのは、あまりに制限が発生するためで、ほんとうに舞台劇をアニメでやるのは難しいわけです。アニメで舞台劇をというコンセプトは、押井守監督の「御先祖様万々歳!」の存在も大きいわけですが、用意できてるモデルが2体しかなく、コンテストの締め切りまで1ヶ月しかなかったので、(実際にはコンテストはその後5ヶ月延期になるのですがw)一人のキャラが自宅で演劇の練習をするという設定になったわけです。
実際に練習する演劇の台本の内容についてですが、シェークスピア的な古典にするか、もうちょっとふざけた学生が書いたオリジナルにするか悩みましたが、わたしが演劇の古典にほとんど精通してないので、学生が書いた馬鹿馬鹿しい台本という設定になりました。

■舞台劇に合った演出とキャラクター
演劇と言えば、最大の見所はオーバーな演技です。用意していた主人公が少女なので、演劇の中の主役はお姫様しかないだろうという流れで話が決まりました。しかし、よりオーバーな演技がほしかったので、ふつうのお姫様ではなく強烈なキャラが必要でした。そこで、当時連載中だった「ワンピースの蛇姫様」がそのモデルとして白羽の矢が立ったわけです。実際に単行本も買って、仕草なんかをかなり研究しました。その成果もあって「踏んでください」というタグを付与していただいたことは、制作者冥利につきるというものです。また、声優さんには、大変熱演してもらって、かなり良いキャラに仕上がったと自負しておりますが、声優さんは、主人公の心境同様にほんとうに嫌そうでしたw。嫌な役を熱演させてしまってすみません!!でも、大人気ですよww

■平行する別世界で構成されたストーリー
演劇の練習と平行して回想シーンが描かれます。これは、ほんとうに練習だけをやる構成では、あまりに物語として平坦になってしまうからです。現在と演劇の物語の世界と過去の思い出、三つの世界がひとつに集約されていく構成になっています。分かりやすいところで比較すると手塚治虫の「火の鳥太陽編」やジブリの「耳をすませば」、あと「大長編ドラえもんのび太の魔界大冒険」なんかの構成と近い技法です。実際に一番影響を受けてるのは、アーサーCクラークの作品で、私はクラーク作品の中で一番好きなのですが「楽園の泉」という名作があります。この話は、はじめて読むとまったく意味の分からない話が平行して描かれているのですが、最後にきれいにひとつにまとまります。はっきり言いますが、成功してるかどうかは別として、まず素人には書けないストーリーの構成の仕方です。一応ストーリーについては仕事でも書いてるのでド素人ではないのですが、映像がド素人なので、うがった見方をされていると思うと歯がゆいのです。構成に関してはそういうかなり高度なことをやってるわけです。
この構成の欠点としては、ほんとうに途中まで意味不明になります。見る側にもある程度の慣れが必要になるので、もしかするとほんとうに最後まで理解できない方もいるかもしれません‥。逆に回想シーンが何かに起因して、分かりやすくつながってしまうと、この構成は失敗で、最後にだけ集約されるのが成功なのです。短編なのでなんとかなってますが、大長編の小説でそれをやってのけるアーサーCクラークの構成力にはほんとうに驚嘆させられます。そういえば、ハリウッド映画ではまず、この手の構成の話を見る事はないですね‥。

■三幕構成について
ハリウッド映画だと、山場のポイントを三幕構成で設定しているものがほとんどだと思います。本作も、ふつうに三幕構成になってます。劇中で実際に「クライマックスが近づいている」という台詞を入れてるぐらいですし、むしろ三幕構成にならない脚本を書くほうが難しいくらい体に染み込んでいるので、ここをはずす事は、もはや難しいと思います。ただ、ひとつ失敗したのは、前述の三つの世界が平行しながら最後にまとまる部分で、構成的にかなり複雑になってしまって、演出がついてこれない状態になり破綻しています‥。ラストのところが何か省かれたような物足りなさがあるのは、そこで私の構成意図が演出能力の限界に到達してしまったためです。ほんとうは、すごく泣けるシーンになるはずなのですが、ちょっと見ていてついていけない感じになってしまってます‥。心残りとは何なのか?二人が喧嘩したという事実が、物語だけのものなのか、現実にも喧嘩していたのか?台詞だけで終わりとは、あまりに酷い演出です‥。本来なら二人が喧嘩しているカットくらいは入れるべきでした。ほんとうにすみません‥。もし生まれ変わることが出来たなら、もうちょっとしっかりと演出します‥。また、最後の最後に黒髪の子は実は死んでいることが明かされるわけですが、それもちょっと唐突になってしまってます。複線を置くべきでしたね‥。シックスセンスのように見直しても、残念ながら複線らしきものはありません。このラストは、ほんとはただ喧嘩してただけだったというオチと最後まで悩んだのですが、声優さんや音響さんの意見でも、死んでたほうがいいよということになり、死なせてしまいました‥。人の死で感動させるという構成が嫌だったので、泣きのポイントを完全にはずしたところに死んでることが、うっすら分かる程度の台詞を入れてるため、さらに分かりにくくなってしまってます。

■長い台詞について
いくつかの台詞につては元ネタがあります。
まず出だしの長いナレーションですが、気がついた人もいるかもしれませんが、これの元ネタは「彼氏彼女の事情」です。ラノベっぽく感じるのは、カレカノが現在のラノベに大きな影響を与えているためでしょう。内容もそのまま、仮面優等生になってます。クライマックス前の、橋を渡りながら長い台詞を読む部分は、赤毛のアンがベースです。なお、二人のキャラクターのモデルも、実は赤毛のアンとその親友のダイアナです。分かる人には分かる元ネタです。一番最後の長い詩のような台詞は、エウレカセブンのアネモネの独白シーンが元ネタです。もちろん、ほんとうにそっくり台詞をぱくったりしてませんが、声優さんに演技してもらうのに、実際に元ネタがあった方が分かりやすいというのもあって、脚本に添付してお渡ししました。なお、声優さんは本当に大変だっと思うのですが、長い台詞というのは、個人的な趣味で好きなのです。押井守監督やその影響を受けている小島秀夫監督の影響をダブルで受けているので、ほんとうにほっとくとあほみたいに長い台詞を作ってしまいます。長い台詞を嫌がる人がいることも知っていますが、そういう人は、おそらくあまり物語を見ない人なんじゃないでしょうか。ゲームで言えば、WiiFitとかしかやら無い人たち、そういうライトユーザー向けに話を作るつもりは毛頭ございませんww。っていうっか無理ですw。長い台詞が嫌だな~と、思った方は、私の名前を見たら近寄らないことをお勧めします。

■オマージュについて
回想シーンの二人の会話ですが、ほとんど物語としての意味がありません。何気ない日常という意図なのですが、実は会話の中に出てくる台詞は、ちょっとしたオマージュになっています。黒髪の子が猫を「チョビ」と言うのは、新海誠監督の作品に共通して出てくる猫の名前です。もうひとつ「ブルー」というのは、ロマのフ比嘉監督のCATBULE DYNAMITEから拝借しています。黒髪の子が自主系のアニメファンだという裏設定があるためです。また、ナイフにキスをしてケーキを切ろうとするカットも、ロマのフ監督のCATBULE DYNAMITEからのパロディですが、本物のかっこ良さとは似ても似つかないものになってしまったので誰も気がつかないかもw。とにかくかっこいいので未見の方はぜひCATBULE DYNAMITEを見ましょう!

■死を暗示させる演出について
最後の橋を渡るシーンは自殺をイメージしてしまいますが、それは、メタファーとしての死です。なので、あんまりいじめられたから自殺するという考えで物語を作りたくないのですが、死というのは常に隣にあるものなので、メタファーとして隠したつもりでもどうしても露骨になってしまいます。死んだ金魚が机に置かれているのも、もっとも身近に誰でも体験する最初の死だからです。最後に黒髪の子も死んでいるわけですが、そういう意味では残酷な話かもしれません。なお、前半は明るく、後半突然シリアスになる落差の激しい展開は、「ライフイズビューティフル」という映画の影響です。

最後にこの物語は、繰り返し見ることで(少なくとも2回)印象が変わるという作りになっています。一度見た人もぜひもう一度見直してみてください。一度目の演出では分からなかったキャラの心情が分かって感情移入できるはずです!映画館で見るタイプの映像ではなく、たとえばiPhoneなんかに入れて何度も見れるように作ったつもりです。そのため、可能な限り(私の絵の能力の限界もありますが)キャラはかわいく、台詞は説明的ではなく詩的に作ってあります。実際私自身PSPに入れて暇なときに見ています。自分で自分の作品を何度も見るというのは、なんか気持ち悪い気もしますが、声優さんの演技を聞いているだけでもなんか楽しいのですw。それは、自分の作品であっても他人が関与してる部分だからかもしれません。不思議ですが本当に自分でも楽しめます。

次回は映像演出について、実際にカットを見ながら振り返ってみたいと思います。映像演出についてはかなり失敗も多く、大いに反省すべき点が満載ですw。

(追記)
平行する物語って、例にあげた他にも小説では村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランド、ゲームだとファイナルファンタジー8、ハリウッド映画だとビッグフィッシュなんかがありますね。こういう物語の構成をなんと言うんだろう??

ブルー3さんの発言

お久しぶりです。
すごい分析してますね。
私は自分の作品にこれまで振り返ったことはなかったので、
少し反省しております…

長いセリフというと少し外れてしまいますが、チャップリンの独裁者が思い出されました。
長いセリフであっても長く感じさせない、逆にもっと聞いていたくなるという不思議な時間でした。
劇中でも一切しゃべってなかったチャップリンが熱の入った演説した時は感動したものです。
心地いいと時間を感じなくなるんですかね。


marsunさんの発言

ブルー3さん
ご無沙汰しておりました~

なるほど~。もっと聞いていたくなる長い台詞‥。
そういうものを目指したいですね!

自分の作品を分析するのは、ちょっとはずかしいのですが、もう次回作に入ってますので、過去の作品として冷静な目で見れてるかなと。ニコニコのコメントなんかも涼しい顔で見てられますw。完成直後だとかなり堪えたかもしれませんがw。何よりも同じ過ちを繰り返すことだけは避けたいと思います。


nora3dさんの発言

marsunさん、4ヶ月間の制作活動お疲れ様でした。
次のお仕事も期待しています。頑張ってください。


marsunさんの発言

nora3dさん

コメントありがとうございます!
がんばります!

あと、そろそろ輪郭線を引く新記事を公開予定です。記事は出来てるのですが、作例がまだなのです‥。最近の実作業は公開できないものが多くて‥記事専用の作例をつくらんといけないのですが、もうしばらくお待ち下さい。

▼うーん;
ニコニコ動画よりさんの発言

 始めまして。ニコニコ動画から、どーしても内容が意味不明だったので来ました。
 今日本編を3回見ましたが、やはりヒント不足で結局どうなったのか分からないままでした。

 力作でありながら、話題性もマイリス数もイマイチなのはそれだけ理解できない人が多いからで、マイリスにした所で見ているのは技術力やモデルの可愛さとしか思えません。

 で、演出ノートを見させて頂いたわけですが、ここで意図して書かれていた事は、大体が「そんな風味」程度にしか具現化されておらず、どれも中途半端だったように思えます。少なくとも、伝わっては来なかった。

 長いセリフも意図として相手に伝わり、意味を持つセリフであるなら良いですが、ただ意味不明なだけでは意味がない。雰囲気を出すのに使われたりしますが、なんちゃってでその技法を使っただけでその意図みたいなものまで考えてません的な浅さを感じます。

 こちらの演出ノートを見ても、その意図っていい加減ではありませんか?「自分が分かればいい」と思ってるように見えて仕方有りません。オマージュだって、オマージュだと分からなきゃ意味ないわけで。
 劣化コピーみたいな使われ方じゃ、元ネタも死にます。

 この作品に感情移入しろって言われても難しいでしょうね。なにせ3回見ても、キャラクターの感情が流れとして成立しないから。部分的に表現するのは、演出してはいいです。見た人の中でちゃんと筋が通れば。通らないのに演出ばっか拘っても意味ないと思います。

 起承転結として、この作品では成立してるんですか?この作品を一言で説明して欲しいです。

 「この物語は、主人公がこうなって、こうなる話」という簡潔な説明を。

 表現方法に注力するばかりで、言いたい事の無い作品。これを見た人に、どう思って欲しいのかが抜けている作品。何度見ても、この評価しか自分の中では出なさそうです。

 この経験をどう生かしていくのか、次回作を楽しみにしてます。


marsunさんの発言

ニコニコ動画よりさん

コメントありがとうございます。

本当のことを言いますと
技術的なデモですので、伝えたいことはありません‥。

というとあんまりなので、一応説明しておくと‥。

3Dで感情表現をつくることやお芝居をさせることはとても難しいのです。それをすべて手付けで作るのはさらに難しい事で、今後作品を作り続けていく上で、そこは絶対にマスターしておかないといけない技術だったので、思いつく限りすべての感情表現を入れるという試みとして脚本を書きました。なので、15分間の中に、ころころ代わる感情表現が出てきます。
それはすべて、次の作品というか、今後作品をつくるための練習だったわけです。なので、この作品を一般の人に見てもらうつもりは当初なく、むしろ制作過程を見てもらいたかったのです。なので、制作過程はすべてあますところなく公開しています。

ただ、ニコニコでいろんなコメントをもらったのはそれなりに楽しいものでした。公開してよかったと思ってます。

なので、あまり深く考えないで見てもらえると助かります。

ただ、コメント中には、鋭いものもあって、そこまで分かるのか~というものもありました。

気分を害されたら誠にすみません。そういう意図の作品ですのでご容赦下さい。

次回作はもっと娯楽性の高いものにしますのでご期待下さい。

■コメントを書く

にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



[ 2009/10/17 17:14 ] たいせつなじかん | TB(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

たいせつなじかん 本編 15分 youtube版 

大変長らくおまたせしました。「たいせつなじかん」のyoutube版をアップしました。

ついでにはじめて作った動画もアップしておきましたw。


SoftImage&XSI道場入門後半年経過







次回作にご期待下さい!



ニコニコ動画版に比べて、解像度や画質が多少良くなっています。youtubeは、10分という制限があるので、二つにわかれてしまってます。

■近況報告
最近ブログを更新してませんでしたが、次回作にむけていろいろと制作準備をしていました。次回作のテーマは、ずばり手描きにしか見えない3Dアニメというやつで、いろいろと研究した成果を発表出来ればと思ってます。次回作はかなり進化しているので、まずは処女作である「たいせつなじかん」を見ておいて、その進化を確認する準備をしましょうw。

たけしさんの発言

星は爆発するやつがみたかったなw


marsunさんの発言

http://xsiabc.blog95.fc2.com/blog-entry-74.html
爆発するやつはこちらですww


その他さんの発言

次回作に期待としか言いようがない。

■コメントを書く

にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



[ 2009/11/11 20:14 ] たいせつなじかん | TB(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

「たいせつなじかんMPEG版」を販売開始しました! 

たいせつなじかん
↑こちらから購入可能です。

誰にでもある忘れたい過去。
それは、本当に大切な思い出。


特徴:背景・キャラクターすべて3Dで制作しております。
再生時間:15:07
動画形式:MPEG1
動画サイズ:640×360(16:9)
ファイルサイズ:138MB

ニコニコ動画で配信中のものと内容は同じになっておりますが、こちらは高画質高音質のMPEG版となっております。

ニコニコ動画で無料で全部見れるわけですけど
…こちらから購入して頂けると
次回作の制作資金となります!
頑張りますので応援のほどよろしくお願い致します!

http://www.1000moji.com/content/view?id=842
↑次回作のプロットです。アニメ化したら内容は大幅に変わると思いますが、世界観のイメージをつかむ為に書いた文章です。
■コメントを書く

にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



[ 2010/05/07 02:58 ] たいせつなじかん | TB(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
プロフィール

MARSUN(マースン)

Author:MARSUN(マースン)
ここは榊正宗による電子書籍と3DとアニメとiPhoneについて語っているブログです!
MEGA-MOUTHはiPhoneアプリ朗読少女を応援しています!



使用ソフト

  • SOFTIMAGE|XSI 7
  • SOFTIMAGE|XSI Mod Tool
  • Adobe Fireworks CS3
  • Adobe After Effects CS3


こちらまで、お気軽にご連絡下さい。
mail.gif

BLOGランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ

MARSUN XSI TIPS

since 2008/11/10
現在の閲覧者数:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

口パク 自主制作アニメ Softimage 7.5 MARSUN CG STUDIO ANIME GATOR シェイプ リファレンスモデル アクション Delta デルタ 榊正宗 marsun 作り方 XSI 講座 募集 ソフト Unreal アンリアルガール Girl ファイルをプロジェクトにコピー スタンダードトランジション ブリッジトランジション カーディナルトランジション Editor ヒール Texture アイランド リラックス コラップ ブリーディング サブプロジェクション マッチ SLPライセンス ケレン味 画角 焦点距離 マージ ブレンド Dual based quaternion skinning 逆関節 Envelope Weights Copy プロジェクションマップ 単純化サブディビジョンサーフェイス シェーディングモードワイヤーフレームハイライト コンポーネントの切り離し Cinescore エミッション パーティクル シミュレーション アルファチャンネル Constrain リサイクル ロック フォーカス コンストレイン スプライトシェーダー Animation Mixer ホールド サイクル バウンズ Foundation ユーザーICEトライアルプログラム スプライト View Object 複製/インスタンス作成 レイキャスト フリーフォーム ビューポート ソロ ミュート テクスチャー素材 ゴースティング 動画 xsi foundation 在庫 エンベロープの設定 オブジェクトとワイヤフレームのカラーの設定 Schematicで階層を作成 ノード再配列ツール プレーン リファレンスポリゴンのピック テクスチャー MaterialManager 透過 ポリゴン追加/編集ツール HSV FBX形式 Foundation生産中止 浮遊 ポリゴンをブリッジ 次の選択ノードの検索 ジオメトリビュー シーンのカラー チェイン スケルトン ボーン エフェクタ ジョイント COG Prop マークハードエッジ/頂点 ModTool日本語化 ポリゴンメッシュ Model ポリゴン対象化 Interactive_Thickness プラグイン イミディエイトモード ショートカット フリーズ XSI用語 ジョイントは疑似ルート Animete カーブに沿って押し出し Transform オブジェクトに位置合わせ ヌル プリミティブ 

検索フォーム
メールフォーム
何か問題等がございましたら、こちらよりご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。