スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク

成果物069:効率化を考えよう4!  

■今日は目のテクスチャーのGATORからの転送と、Syflexをやりました。



■GATORの挙動が予想と違う…。Constrainでついてきても、投影はついてこない…。なにか間違ってるのか…。まあ、これだったらテクスチャーコントロールでも同じだった気がしますが、常に目のパターン一覧が見れるのは、分かりやすくなったと思おうのでこれはこれで…いいかなあ…。

■Syflexはほんとうに高速ですね!でも、今日の成果はまだ検証レベルなので、もう少し調整しないといかんですね…。

衝突判定用のオブジェを足の形にしてみたのですが…これは失敗だったかも…。

セーラー服のスカートは、複雑なので裏がはみ出てしまってます…。一応セルフ判定もいれたのですが…。調整が甘いのかな?

この辺りは、元のオブジェクトとスカート自体の形状を調整してみようと思います!

marsunさんの発言

今Syflexをいろいろと実験してるのですが…。
スカートの裏表がはみ出ない様にするのは至難…。
うーむ。


marsunさんの発言

たぶん、ジグザグしてるスカートに対してSyflexやるのは、いろいろ試したがダメっぽい…。

横着せずにスカート型のジグザグがない形状をつくって、そっちにSyflexをかけて、ジグザグのスカートは変形を抑えないとだめかな…。

明日試してみよう…。


marsunさんの発言

アイデアを実現可能なXSIのクラスタコンストレイン機能
http://www.softimage.jp/user_case/mgs4/index.html#chap7
↑クラスターコンストレインのメモ

今日は、Syflexがどういったものか分かったので、明日はクラスターコンストレインを含んだSyflexの再検証をやってみます。

さて、あと50分ほどで、年も明けそうだな…。


▼明日の作業のためのメモ
marsunさんの発言

オブジェクトをクラスタに拘束するには
既存のクラスタにオブジェクトを拘束する場合は、クラスタを選択してExplorerで分離してから(Eキーを押す)、Explorerをロックします。この操作により、コンストレイントコマンドを選択した後のクラスタ選択が容易になります。

1. 拘束対象のオブジェクトを選択します。

2. [Constrain]>[オブジェクトをクラスタに]を選択します。

3. 次のいずれかの操作を実行します。

・ 既存のクラスタを選択します。

または
・ ジオメトリオブジェクトを選択し、次にそのオブジェクト上のコンポーネントまたはクラスタを選択します。

コンポーネントをピックアップすると、クラスタが自動的に作成されます。
複数のコンポーネントタイプを選択すると、使用するコンポーネントタイプの確認を求めるダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスが表示されないようにするには、最初にコンポーネント選択フィルタを指定します。
オブジェクトは、選択したコンポーネントのジオメトリセンターに拘束されます。
4. [Object To Cluster Cns]プロパティエディタで、次のように操作してコンストレイントを設定することもできます。

・ 被コンストレイントオブジェクトの任意の軸に対して、プロパティエディタのX、Y、Zスライダで位置オフセットを設定します。詳細については、被コンストレイントオブジェクトとコンストレイントオブジェクト間のオフセット設定を参照してください。

・ タンジェンシコンストレイント(タンジェンシコンストレイントを参照)および法線(アップベクター)コンストレイント(アップベクターコンストレイントを参照)を設定して、被コンストレイントオブジェクトの向きを制御します。

XSIガイドより抜粋

うーん…いつ見ても意味がわからん…。

▼あけましておめでとうございます~
モチオさんの発言

どもども。
明けましておめでとうございます。

たびたびお邪魔しております。モチオでございます。
自主制作期間も残り11ヵ月ということで…今から完成が楽しみです。
ひとりですべてやることは非常に大変ですし、覚えることも膨大かと思います。
無理をせず、たまには休憩もして是非いいものを完成させてくださいね。
2009年marsunさまにとって良い一年でありますよう。

挨拶ついでと言ってはなんですが、今日の検証でお役に立てそうなスクリプト書いてみました。

******************************************************************
main();

function main(){
var oRoot = ActiveProject.ActiveScene.Root;
var mySelectTagPoint = Selection(0);
if(mySelectTagPoint == null){
XSIUIToolkit.MsgBox('なにか選択した状態で実行してください。',siMsgOkOnly,'エラー(´;ω;`)');
return;
}
if(mySelectTagPoint.type != "polySubComponent" && mySelectTagPoint.type != "pntSubComponent" && mySelectTagPoint.type != "edgeSubComponent"){
XSIUIToolkit.MsgBox('ポリゴン・エッジ・ポイントのいずれかを選択した状態で実行してください',siMsgOkOnly,'エラー(´;ω;`)');
return;
}
var myCluster = CreateCluster(mySelectTagPoint );
var oNull = oRoot.AddNull("ClusterNull");
var oConstaint = oNull.Kinematics.AddConstraint("ObjectToCluster",myCluster);
oConstaint.upvct_active.value = true;
oConstaint.tangent.value = true;

}
******************************************************************

まぁたいしたものじゃありませんが、選択したポリゴン・エッジ・ポイントのいずれかをクラスタ化しヌルをコンストレイントするっていうスクリプトです。(;´∀`)
単純作業ですが、確実に何十回もやりますからね~。
上記の物をテキストエディタなどにコピーして適当な名前(QuickNullToCluster.js とか)で保存して使ってやってください。
(簡素なものなのでエラー処理なんかも完ぺきではないですが…)

使い方は

1.ポリゴンモデルのポリゴン・エッジ・ポイントのいずれかを選択した状態でスクリプトを実行。

のみです。
そうすると勝手にクラスタとヌルが作られてヌルがクラスタにコンストレイントされるはずです。
回転も追従してくれるはずですよ~。v( ̄Д ̄)v

で、作られたヌルをデフォーマーとしてお使い下さい。
(本当は手付アニメーションをつけることを想定してもう一つヌルをかませてあげる必要がありますが…。)
ちなみにクロスなどを適応するモデルはポリゴンをできるだけ均一にしておくとよりよい結果が得られますよ。(たしか

う~ん…我ながら新年早々長々としたうっとしー書き込みですね。
それでは、失礼します。m(_ _)m


しげちさんの発言

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
お互い充実した年にいたしましょう。(*^人-)♪

▼あけましておめでとうございます。
marsunさんの発言

もちおさん
スクリプトありがとうございます!
今年も宜しくお願いします!!

しげちさん
去年はどうも~。
>お互い充実した年にいたしましょう。(*^人-)♪
おおっ!充実させてみますとも!

■コメントを書く

にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



この記事をリンクする?:


[ 2008/12/31 19:00 ] 成果物 | TB(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
コメントの投稿





プロフィール

MARSUN(マースン)

Author:MARSUN(マースン)
ここは榊正宗による電子書籍と3DとアニメとiPhoneについて語っているブログです!
MEGA-MOUTHはiPhoneアプリ朗読少女を応援しています!



使用ソフト

  • SOFTIMAGE|XSI 7
  • SOFTIMAGE|XSI Mod Tool
  • Adobe Fireworks CS3
  • Adobe After Effects CS3


こちらまで、お気軽にご連絡下さい。
mail.gif

BLOGランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ

MARSUN XSI TIPS

since 2008/11/10
現在の閲覧者数:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ユーザータグ

口パク 自主制作アニメ Softimage 7.5 MARSUN CG STUDIO ANIME GATOR シェイプ リファレンスモデル アクション Delta デルタ 榊正宗 marsun 作り方 XSI 講座 募集 ソフト Unreal アンリアルガール Girl ファイルをプロジェクトにコピー スタンダードトランジション ブリッジトランジション カーディナルトランジション Editor ヒール Texture アイランド リラックス コラップ ブリーディング サブプロジェクション マッチ SLPライセンス ケレン味 画角 焦点距離 マージ ブレンド Dual based quaternion skinning 逆関節 Envelope Weights Copy プロジェクションマップ 単純化サブディビジョンサーフェイス シェーディングモードワイヤーフレームハイライト コンポーネントの切り離し Cinescore エミッション パーティクル シミュレーション アルファチャンネル Constrain リサイクル ロック フォーカス コンストレイン スプライトシェーダー Animation Mixer ホールド サイクル バウンズ Foundation ユーザーICEトライアルプログラム スプライト View Object 複製/インスタンス作成 レイキャスト フリーフォーム ビューポート ソロ ミュート テクスチャー素材 ゴースティング 動画 xsi foundation 在庫 エンベロープの設定 オブジェクトとワイヤフレームのカラーの設定 Schematicで階層を作成 ノード再配列ツール プレーン リファレンスポリゴンのピック テクスチャー MaterialManager 透過 ポリゴン追加/編集ツール HSV FBX形式 Foundation生産中止 浮遊 ポリゴンをブリッジ 次の選択ノードの検索 ジオメトリビュー シーンのカラー チェイン スケルトン ボーン エフェクタ ジョイント COG Prop マークハードエッジ/頂点 ModTool日本語化 ポリゴンメッシュ Model ポリゴン対象化 Interactive_Thickness プラグイン イミディエイトモード ショートカット フリーズ XSI用語 ジョイントは疑似ルート Animete カーブに沿って押し出し Transform オブジェクトに位置合わせ ヌル プリミティブ 

検索フォーム
メールフォーム
何か問題等がございましたら、こちらよりご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。