スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク

星に願いを Fantastic Cat の凄さについて 

劇場で公開されているという話題の同人作品「星に願いを Fantastic Cat」を観て来ました。

世間は、選挙や台風などでにぎわっておりましたが、歴史的な政権交代劇があった事なんかは、気にもせずアニメ映画を楽しんできましたw。

この作品は全編3Dで作られた作品で、特徴的なのは小規模かつ短期間で制作されているという点です。

今回の劇場公開では、第1作、第2作の両方を見ることが出来ます。Yahoo動画でも見れる訳ですが、この作品は劇場で観ておくべきです。なぜ劇場でみるべきなのか?どういった点が見所なのか?をリストアップしてみました。ストーリーのネタばれはしてませんので、これから観ようと思っている方も安心してご覧下さい。

なお、9月4日(金)までの一週間限定公開ですのでお早めにどうぞ。

■音響が凄いです。
圧縮のかかってない品質の音響を出す方式を採用されているらしいです。おそらく自宅の環境では再現出来ないものだと思われます。音響を聞くだけでも劇場で観るに値します。

■細部の描写が細かいです。
Yahoo動画で観た方は情報量が少ない絵だと思われたかもしれませんが、さすがにHD画質を前提にした作品です。大きなスクリーンで見ると全く違います。漫画の様な細かい線のタッチがかなり詳細に書き込まれています。ロミオ(丸いボールみたいなの)なんかのメカがかなり細かく作り込まれているのですが、Yahoo動画では気がつきませんでした。

■1作目から2作目の進化が凄いです。
1作目だけしか観たことの無い方は、ぜひ劇場で2作目を観てください。すべてにおいてパワーアップしています。特に2作目の後半は、かなり迫力ある映像です。続けて上映されるので、進化が一目瞭然です。動きのあるカットもかなり増えてます。

■コミックが何気に良く出来ていました。
ブルーレイといっしょに500円でコミック版も売られていたのですが、これが何気に良く出来ています。つい先日知り合いの3Dデザイナーさんと3Dでコミックを描けるのか?という話をしたのですが、わたしはかなり難しいんじゃないかなと考えていましたが、3Dの絵がほぼ違和感なくコミックになっていて驚きました。

■黒い線がくっきりした表現が凄いです。
黒い線(=輝度情報)の扱いがコミック的で、線がとてもしっかりした作品です。実はこれがかなりこの作品の肝になっているのではないかと推測します。この作品をとらえる上で、一番重要なポイントは動いてないカットにあるのではないでしょうか。キャラが動かないカットが見るに耐える絵になっているのは、輝度情報をしっかりと描いているからに違いありません。おそらく普通の3Dっぽい絵で同じようなトメの表現をしても成り立たないと思われます。レイアウトにもコミックっぽい工夫がみられました。

動かないカットは手抜きではなく、
それが成り立つ事は凄いことなのです!


高解像度の大画面で見たときに、その理由がはっきり分かると思いますので劇場で確認して下さい。

■舞台挨拶がマジで面白いですwww
9月4日(金)まで、毎日舞台挨拶があるようです。この舞台挨拶が、とても面白いんですw。どう面白いかは劇場で。

この作品は、日本的な3Dアニメのスタンダードになりそうな実験的な表現が盛り込まれています。トゥーン系のCGを作っている人にとっては、かなり勉強になると思うので劇場で観ておくべき作品です。大型の劇場作品の様なゴージャスなつくりではありませんが、秘めた可能性はとても大きなものだと感じました。

民主党が歴史的な政権交代を果たした訳ですが、実はその裏でひっそりと2Dから3Dへのアニメの政権交代が始まりつつあるのかもしれません。

ちなみに、3Dアニメはなぜ動きが硬いのかシリーズの連載が終わったら、この作品に触発されたのでトメが成り立つ(輝度情報の強い)3D表現の検証をやてみたいと思います!!

前回の私の作品では、アウトラインをオーバレイして弱くしてたのですが、それは、黒い線では観るに耐えない状態だったからです。つまり、逃げたんです…。輪郭線を弱くするといろいろごまかせるんですw。イラスト風表現だよ~みたいな顔をして…。でも、ほんとうにやりたいのはそうじゃなかった!それに気がつかされました。

次回作の抱負を、ここに宣言しておきます。

次回作は、私も逃げずに
線を黒にしますっ!!!!

しげちさんの発言

流されやすい人ね。ぷぷっ


marsunさんの発言

しげちさんども~

いや~大画面でみたらわかりますよ。自分で作ってても大画面様とか高画質とかってのは想像しにくいところがあったんですが、いろいろ見聞を広めるのは大切だと思いましたよ。


■コメントを書く

にほんブログ村 アニメ制作ランキング
↑押していただけるとモチベーションがアップしますっ!!



この記事をリンクする?:


[ 2009/08/31 02:47 ] XSI日記 | TB(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク
コメントの投稿





プロフィール

MARSUN(マースン)

Author:MARSUN(マースン)
ここは榊正宗による電子書籍と3DとアニメとiPhoneについて語っているブログです!
MEGA-MOUTHはiPhoneアプリ朗読少女を応援しています!



使用ソフト

  • SOFTIMAGE|XSI 7
  • SOFTIMAGE|XSI Mod Tool
  • Adobe Fireworks CS3
  • Adobe After Effects CS3


こちらまで、お気軽にご連絡下さい。
mail.gif

BLOGランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ

MARSUN XSI TIPS

since 2008/11/10
現在の閲覧者数:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

口パク 自主制作アニメ Softimage 7.5 MARSUN CG STUDIO ANIME GATOR シェイプ リファレンスモデル アクション Delta デルタ 榊正宗 marsun 作り方 XSI 講座 募集 ソフト Unreal アンリアルガール Girl ファイルをプロジェクトにコピー スタンダードトランジション ブリッジトランジション カーディナルトランジション Editor ヒール Texture アイランド リラックス コラップ ブリーディング サブプロジェクション マッチ SLPライセンス ケレン味 画角 焦点距離 マージ ブレンド Dual based quaternion skinning 逆関節 Envelope Weights Copy プロジェクションマップ 単純化サブディビジョンサーフェイス シェーディングモードワイヤーフレームハイライト コンポーネントの切り離し Cinescore エミッション パーティクル シミュレーション アルファチャンネル Constrain リサイクル ロック フォーカス コンストレイン スプライトシェーダー Animation Mixer ホールド サイクル バウンズ Foundation ユーザーICEトライアルプログラム スプライト View Object 複製/インスタンス作成 レイキャスト フリーフォーム ビューポート ソロ ミュート テクスチャー素材 ゴースティング 動画 xsi foundation 在庫 エンベロープの設定 オブジェクトとワイヤフレームのカラーの設定 Schematicで階層を作成 ノード再配列ツール プレーン リファレンスポリゴンのピック テクスチャー MaterialManager 透過 ポリゴン追加/編集ツール HSV FBX形式 Foundation生産中止 浮遊 ポリゴンをブリッジ 次の選択ノードの検索 ジオメトリビュー シーンのカラー チェイン スケルトン ボーン エフェクタ ジョイント COG Prop マークハードエッジ/頂点 ModTool日本語化 ポリゴンメッシュ Model ポリゴン対象化 Interactive_Thickness プラグイン イミディエイトモード ショートカット フリーズ XSI用語 ジョイントは疑似ルート Animete カーブに沿って押し出し Transform オブジェクトに位置合わせ ヌル プリミティブ 

検索フォーム
メールフォーム
何か問題等がございましたら、こちらよりご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。